• ホーム
  • インフルエンザにかかった負担金の課税を減らせる?

インフルエンザにかかった負担金の課税を減らせる?

2019年09月03日
患者を診ている医者

インフルエンザは毎年冬になると猛威をふるう恐ろしい感染症の一つです。
健常者であればそれほど恐れるほどのものではないというのもある意味では事実であり、安静にして養生すれば一週間もしないうちに症状がひいてしまいます。
しかし、その症状は苦しいものであるのが事実であり、高熱が出るだけでなく、それに伴う悪寒や寒気、頭痛や関節痛、筋肉痛など、多様な症状が出てくるのが一般的です。
それゆえの恐ろしさもありますが、高齢者や小児のように抵抗力や体力において成人に劣る人たちの場合には合併症のリスクも高いのが本当の恐ろしい面です。
肺炎や気管支炎、脳症などを起こしてひどい場合には死に至ることもあり、長期間の入院による治療を余儀なくされる場合もあります。
そういった恐ろしさがあるのがインフルエンザであり、重篤化してしまった場合には莫大な費用が発生しがちです。
一般的な人の治療の場合には5日分のインフルエンザ治療薬と診察料だけで済むものの、合併症の治療が伴うと負担金は多くなってしまうことは否めません。
その医療費を削減したいと誰もが思うものであり、インフルエンザにかかった際の負担金の課税を減らせるかどうかということは疑問に思う人も多いのが事実です。
保険適用分については非課税ですが、保険算定額を越えるような場合や自由診療を受けた場合、診断書作成を依頼した場合などには課税分があります。
そういった費用を単純に減らすことはできませんが、年間で10万円というボーダーを越える医療費が発生した場合には控除を申請することで医療控除を受けることができます。
それによって実質上の課税負担を減らすということを実現することが可能であり、高額な医療費がかかった場合には考慮すべきでしょう。

関連記事
インフルエンザ予防接種は高齢だと負担金を減らせる

冬になると流行するもののひとつに、インフルエンザをあげることができます。かかってしまうと、高熱や下痢などの辛い症状に見舞われますので、かからない様に注意を払わないといけません。とはいえ、感染力も強いウイルスですので、予防しようと思ったら、インフルエンザの予防接種を受けることが、まずは大切です。このイ

2019年09月29日
インフルエンザ感染しないためには喉の乾燥予防

インフルエンザウイルスが爆発的に流行するのは、その感染経路に飛沫感染と空気感染があるためです。たとえば、集団の中でインフルエンザウイルスを持った人がくしゃみをしたとします。するとウイルスの付着した分泌物が勢いよく飛散して、身近にいる人の鼻腔や口腔内に侵入してしまいます。また分泌物から水分がなくなった

2019年08月15日
インフルエンザとエボラ病についてと食事療法

まずは、冬になると大流行するインフルエンザの食事療法から紹介します。インフルエンザは高熱がでるので、食欲もなくりなります。そういう時に、無理して食べても、嘔吐してしまうだけで無意味です。なので、食欲がない時は無理して食べなくて良いということです。しかし、水分補給はしっかりするように心がけてください。

2019年07月18日
インフルエンザに感染しない対策を考える

インフルエンザは季節によって流行するものと、突然、感染者が爆発的に広がる新型と呼ばれるものがあります。このふたつの間にある違いとしては、ウイルスの感染力の強さが挙げられます。しかしその一方で、どのように感染するのかと言う感染経路については同様です。ウイルスを持った人の唾液や鼻水などの飛散によって感染

2019年06月29日
インフルエンザに有効な薬

インフルエンザはインフルエンザウイルスによって引き起こされるウイルス感染症です。インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の3種類が存在しますが、感染症として流行するのはA型とB型の2種類です。特にA型は変異しやすい型で毎年流行する型が変化しやすく、ワクチンを製造する上でも流行する型を予測しづらく、

2019年06月15日